ふかさわ矯正歯科

ホーム

055-224-1001
診療内容・育成医療/更生医療

患者様の口腔内の状態及び治療内容や特殊な状況等により、金額が多少変動することがありますので、あくまで目安としてご覧ください。

治療に入る前までにかかる費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。

項目 内容 治療費
初診相談 治療の必要性、装置、内容、時期、料金などについて概略を説明します。 2,000円
検査料 治療の計画を立てるために、お口の診査のほか、歯並びや顎のレントゲンや写真を撮ったり、歯の型・咬み合わせをとったりする検査などをします。 25,000円
診断料 検査結果の分析をし、治療計画、装置の種類、料金、治療期間などについて具体的な説明をするときにかかる料金です。 8,000円〜10,000円

基本矯正料

※おおよその税別の金額です。分割払いも承っておりますので、ご相談ください。

項目総額(おおよそ)
部分的治療の場合10~30万円
一期治療のみで終了した場合20~30万円
二期治療も必要とした場合
全体的な治療の場合
50~68万円 (特殊な矯正装置については、別途ご相談ください。) 

処置および調整料

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。

項目 内容 治療費
調節料 口の中につけた歯を動かすための装置の調整をするための料金です。だいたい月に1回かかります。 5,000円×回数
保定、観察料 歯の生え替わり、顎の成長を経過観察していくときや、治療後の歯並びを落ち着かせる保定治療時の料金です。3~6ヵ月に1回、定期観察のときにかかります。 2,000円~3,500円×回数

矯正治療では原則として健康保険は使えませんが、子供の矯正治療費は医療費控除の対象になります。

矯正にも保険が適応できることを知っていますか?

矯正治療は、基本的に健康保険が適用できません。ほとんどの場合「自由診療」になるため、治療費が比較的高額になってしまいます。しかし、国が定めた特定の症状に限り、保険が適応される矯正治療が可能です。

当クリニックは指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設として、認定されています。以下の症状が疑われる患者さんは、一度ご相談ください。

<健康保険が適応される症状>

・顎離断等の手術を必要とする顎変形症
・以下の疾患に起因する咬合異常
1. 唇顎口蓋裂
2. ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
3. 鎖骨・頭蓋骨異形成
4. トリチャーコリンズ症候群
5. ピエールロバン症候群
6. ダウン症候群
7. ラッセルシルバー症候群
8. ターナー症候群
9. ベックウィズ・ヴィードマン症候群
10. ロンベルグ症候群
11. 先天性ミオパチー
(先天性筋ジストロフィーを含む。)
12. 顔面半側肥大症
13. エリス・ヴァン・クレベルド症候群
14. 軟骨形成不全症
15. 外胚葉異形成症
16. 神経線維腫症
17. 基底細胞母斑症候群
18. ヌーナン症候群
19. マルファン症候群
20. プラダーウィリー症候群
21. 顔面裂
22. 大理石骨病
23. 顔面裂(横顔裂、斜顔裂及び正中顔裂を含む。)
24.色素失調症
25. 口・顔・指症候群
26. メービウス症候群
27. カブキ症候群
28. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
29. ウィリアムズ症候群
30. ビンダー症候群
31. スティックラー症候群
32. 小舌症
33. 頭蓋骨癒合症
(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む。)
34. 骨形成不全症
35. 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群及び、尖頭合指症を含む。)
36. 口笛顔貌症候群
37. 常染色体欠失症候群
38. ラーセン症候群
39. 濃化異骨症
40. 6歯以上の非症候性部分(性)無歯症
41. チャージ症候群
42. マーシャル症候群
43. 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
44. 成長ホルモン分泌不全性低身長症
45. ポリエックス症候群
46. リング18症候群
47. リンパ管腫
48. ポリエックス症候群
49. 全前脳(胞)症
50. クラインフェルター症候群
51. 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
52. ソスト症候群
53. グリコサミノグリカン代謝障害
(ムコ多糖症)
54. 線維性骨異形成症
55. スタージ・ウェーバ症候群
56. ケルビズム
57. 偽性副甲状腺機能低下症
58. Ekman-Westborg-Julin症候群
59. 常染色体重複症候群
60. その他顎・口腔の先天異常

・最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
・歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
・装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
・治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
・ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
・ごくまれに歯を動かすことで歯の神経が障害を受けて壊死することがあります。
・治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
・治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
・歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
・矯正装置を誤飲する可能性があります。
・装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
・装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
・あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
・治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。